ハニースイート

ハニースイート

続きを読む
ハニースイート

ハチの気持ちに寄り添うのは、難しいことではありません。満開の花の鮮やかな色とうっとりするような香りに夢中になったら、そのビロードのような花びらに降り立ち、今日限りの命とばかりに蜜を吸わずにはいられないでしょう。巣に戻ったハチが持ち込んだ貴重な蜜はワックス状のハチの巣に蓄えられ、ミツバチが羽で扇いで水分を蒸発させます。母なる自然がこのすばらしいハチたちの偉業をもう一度祝福すると、黄金色の溶岩のような粘り気のある甘い蜜が現れ始めます。これがハチミツと呼ばれるものです。

自然界がもたらす最高のごほうびの1つであるハチミツに、人類は地球を歩き始めた頃から魅了されてきました。それは私たちの先史時代のDNAにも刻まれており、新石器時代の洞窟画には、恐れを知らないハンターたちが高い所に登って蜂の巣を奪い、憤慨した蜂が群がる様子が描かれています。シュメール人やバビロニア人は、現存する最古の詩をはじめ古代の書物の中で、ハチミツへの愛を表現しています。紀元前20世紀に王であるシュ・シンに捧げられたエロティックな頌歌では、王を愛する熱狂的なファンがその美しさを「ハニースイート」という表現で称えています。花がぐっと少なくなる冬の間、元気を回復させる甘いものが必要なミツバチたちにとっても、ハチミツは大切な存在です。ハチミツをごちそうとする彼らを、責めることなどできるでしょうか?

もちろん、ハチミツがお祝いの季節の主役になるのは必然でした。古代エジプト人はプレゼントとしてハチミツを贈っていたと言われています。それから何世紀も経て、ヴィクトリア朝時代の人々がこのクリスマスの伝統を始めるようになりました。甘いごちそうを堪能しないお祝いなんてありえません。そんなお祝いには、参加したいと思えないでしょう。

そんな思いに導かれて完成したのが、今シーズンの香りであるスターリット マンダリン & ハニーです。枯草や干し草、ゼラニウムの香りに加えて、深みのあるリッチなハチミツがイエローマンダリンの鮮烈な香りと出会い、冬のダンスのパートナーとして輝きます。夜通し燃える暖炉の火のそばで続く笑い声。冬のお祭り気分を呼び覚ますシトラス フゼアの香りです。

関連製品