家を居心地の良い“ホーム”に変える

テキスタイルアーティスト、エヴァ・ソナイケが語る「家を居心地の良い“ホーム”に変えるということ」

続きを読む
テキスタイルアーティスト、エヴァ・ソナイケが語る「家を居心地の良い“ホーム”に変えるということ」

ドイツでナイジェリア人の両親のもとに生まれ、山岳地帯のシュヴァルツヴァルトで育ったソナイケは、ロンドンに移住してジャーナリズムの世界でキャリアを積んだ後、テキスタイルデザインへの真の情熱に目覚めました。2009年に立ち上げた自身の名を冠したインテリアブランドは、その大胆な美学と現代的な感覚で熱烈なファンを獲得しています。ソナイケは自身の経験や文化的な影響をベースとし、西アフリカの鮮やかなカラーパレットやプリントと、ヨーロッパのミッドセンチュリーのテイストを組み合わせています。ソナイケの自宅のアプローチも同様で、香りを加えることで、あらゆる感覚的要素を網羅し、エスケープできる真の聖域のように感じられる場所となっています。

ジョージアン様式が美しいジョー マローン ロンドンのタウンハウスにインスパイアされたホームキャンドルを揃えた最新のタウンハウス コレクションの発売を記念して、私たちが敬愛する工芸作家の自宅にお邪魔しました。テキスタイルアーティスト、そしてクリエイティブディレクターとして活躍するエヴァ・ソナイケは、ロンドン北部にある自宅に招待してくれました。ソナイケはアートの世界と、家を居心地の良い“ホーム”に変える上での伝統がもたらすものとの関係を探求しています。

関連製品