Adwoa Aboah with braided hair, biting into a pear with backdrop of three large pear props placed on top of a car roof rack.
Adwoa Aboah with braided hair, biting into a pear with backdrop of three large pear props placed on top of a car roof rack.
イングリッシュ ペアーを讃えて

The story behind the latest English pear fragrance

続きを読む

イングリッシュ ペアーを讃えて

彼女の正式な肩書きは、ジョー マローン ロンドンのフレグランス開発責任者だが、私たちはセリーヌ・ルーを香りの魔法使いのようなものだと考えています。というのも、彼女が真新しく、意表を突くフレグランスを生み出すとき、魔法のような旅から始める傾向があるからです。好奇心をそそる、没入感のある旅は、遊び心に満ちた道をたどる。最終目的地は、誰もが恋に落ちずにはいられない、夢のような香りなのです。 イングリッシュ ペアー & スイート ピー のエキサイティングな登場は、時代を超えた素材にフレッシュな新しい風を吹き込んだものです。「ああ、この香りには何もない。」とセリーヌは笑う。「新しいイングリッシュ ペアー & スイート ピーにまつわるストーリーは魅惑的でしかないの。 ちょっとしたひねりを加えられるように、自然に咲く花を使うにはどうしたらいいか、自問自答しました。」そして、まさにその通り、 イングリッシュ ペアー & フリージアと対をなす、若々しく、パステルカラー調の柔らかさを持つ、微妙な新しいひねりが加えられています。この香りをカラーパレットにたとえるなら、「コーラル、ライトライラック、そして赤みがかったピンク。」セリーヌはこの香りを「美しい」と表しています。

Adwoa Aboah with braided hair, biting into a pear with backdrop of three large pear props placed on top of a car roof rack.

イングリッシュ・ペア&スイートピーを作るために、彼女は放浪の旅に出たわけではないかもしれないですが、思い出の地をいくつか旅しました。「両親の田舎の家の裏に洋梨の果樹園があり、子供の頃から夏休みはいつもそこで過ごしていました」と彼女は回想します。「私の寝室だけに、果樹園が見える窓があるの。果樹園に行き、フルーツを取って食べるということが、どれほど特別なことか。ジューシーで熟した食べごろの洋梨がたわわに実っている木々を見ると、偶然とはいえ、イングリッシュ ペアー & フリージアや、イングリッシュ ペアー & スイート ピーのインスピレーションを得た原点に立ち返りました。本当に、果樹園が主役なの」と彼女は言い、その声は驚きに満ちています。「それとジョン・キーツの詩、『秋に寄せて』もね」。

季節が晩夏から秋へと移り変わるとき、それはすなわち、洋梨の季節でもあります。2010年に発売されたイングリッシュ ペアー & フリージアは、この詩の「霧と熟れた果実いっぱいの季節」が出発点のひとつとなりました。「プレス発表会は、ハムステッドにあるジョン・キーツの旧邸宅で行いました」とセリーヌは振り返ります。「この家にいて、彼がそこに住んでいたことを知り、頌歌の中でその雰囲気を表現していることを知り......。イギリスらしさを感じられた、貴重な思い出です」。

English Pear & Freesia cologne 100ml bottle surrounded by fresh pears and backdrop of large pear props on top of car rack.

インスピレーションの源から材料に至るまで、この英国らしさは、イングリッシュ ペアー & フリージアに、そして時を重ねた今、 イングリッシュ ペアー & フリージア そして時を重ねた今、イングリッシュ ペアー &スイート ピーにも意図的に織り込まれています。このイングリッシュ ペアー シリーズの中心にあるのは、ウィリアム ペアー。独特のベルの形と、熟すと美しい赤みがかった黄金色になることで有名な、華やかで甘美な果物です。「洋梨の木の成長には、本当に素晴らしいものがあります」とセリーヌは説明します。「春には花が咲き、やがて花が散り、葉だけになる。そして夏の終わりに実がなるの」。 セリーヌの洋梨への憧れは、彼女と同じ情熱を持つ同士と話をすることで、さらに強くなりました。「エレガントで、甘美で、洗練されている......女性の体を連想させる曲線美、季節の変わり目に訪れる赤褐色、味、重さ、少し粒のある食感......正直に言って、それを知って以来、同じように梨を食べたことはない」と彼女は微笑みながら認めました。


この感覚をとらえて瓶に詰めたいというセリーヌの想いが、ある種の探究心となったのも不思議ではありません。10年以上前にイングリッシュ ペアー & フリージアに取り組んだとき、天然の洋梨をフレグランスに配合することは不可能に近かったのです。そこで、「どうすれば再調香できるかを研究していました」。

Pink sweet pea flowers and English Pear & Sweet Pea cologne 100ml bottle in front of big pear prop, on golden rocky hillside.

「今、イングリッシュ ペアーの2つのコロンに100%天然の洋梨果実のエッセンスを使用できて、大変嬉しく思っています。私たちは、食品業界の中で洋梨を蒸留して果汁が作られているのを見つけ、香料に応用しました。最終的に出来上がったエッセンスは、ボトル1本(100mL)に洋梨1個分の果汁から濃縮されたものと同等の香料を配合しています。イメージしやすく、シンプルで力強いメッセージとなりました。」


それは容易なことではありませんでしたが、忍耐は報われました。このエッセンスを作るプロセスとエッセンスそのものは、ジョー マローン ロンドン独自のもので、 イングリッシュ ペアー & フリージアイングリッシュ ペアー & スイート ピーの洋梨のアコードのベースとなっています。


天然のフルーツをフレグランスに使用することが(現在でも)いかに難しいかを考えると、この難題を克服したことは感動的としか言いようがありません。「イングリッシュ ペアーとスイートピーを組み合わせるという決断は、ありがたいことにそれほど難しいものではなかったの。とても簡単だったわ。」とセリーヌは笑う。   「私はスイート ピーが大好きなの。だから、これは間違いなかった。イングリッシュ ペアー & スイート ピーにするつもりだったの」。そして、その結果は魔法のようでした。

Video of Adwoa Aboah carrying around a large pear fruit prop along a dry, rocky, hillside path.

Shop The Story

100mL