BEHIND THE BLOSSOMS

フランジパニ フラワーを含む新しいブロッサムズができるまでのストーリーを、ジョー マローン ロンドンの製品開発責任者であるセリーヌ ルーとマスター パフューマーのマリー サラマーニュに聞きました。

フランジパニ フラワーのインスピレーションはどこから得られたのですか?

セリーヌ: フランジパニについての最初の思い出は、何年も前にバリに旅行に行った時にさかのぼります。その時はフレグランスの仕事をしてもいなかったので、香りよりお花の見た目が印象的でした。他の花とは全く違っていたのです。美しい白い花びらは風車のようで、中心は明るい黄色。離れたところからでも見つけられます。それから、香水の世界で仕事をするようになり、アジアにもよく出かけて、フランジパニは何度も目にしました。フランジパニの花はアジアではとてもアイコニックでシンボリックです。ドバイから台湾まであらゆるところに咲いていて、寺院の近くに植えられていることもあれば、ヒンズー教徒の女性たちが髪に飾っていたりもします。最初の旅行以来、私はフランジパニに惹かれていました。

フランジパニ フラワーの香りについて、もう少し詳しく教えてください。

セリーヌ: 自然の香りに近づけるために、私たちはヘッドスペース法でうるわしい香りを捉えました。非常に特徴的なその香りは、太陽の光の恩恵を受けて、クリーミーでスイートです。また、エキゾチックであり、フレグランスの香りに触れた瞬間に旅に誘われます。私たちはヘッドスペース法で作られた香りとの自然のフランジパニの花の香りを比較しました。何度かセッションを繰り返し、納得のいく開発をすることができました。

マリー: 私は、フランジパニの香りを実際より重く考えていました。でも、セリーヌと一緒に花の香りをあらためて確かめたら意見がすっかり変わりました。

フランジパニ フラワーとのおすすめのフレグランス コンバイニング™を教えてください。

セリーヌ: より芳醇なフローラルの組み合わせにするなら、ハニーサックル & ダバナがおすすめです。もう少し軽くするなら、ワイルド ブルーベルと合わせると素敵です。

マリー: 私はレッド ローズを合わせるのが気に入っています。レッド ローズはフランジパニ フラワーの露っぽいノートをはっきりと引き立てます。オレンジ ブロッサムのヘア ミストと合わせるのも好きです。私は髪にスプレーをするのが好きなのですが、それはなぜかというと、香りがずっと長く続くからです。ですから、夜になってから踊りに行っても、髪が揺れたら、まだ香りがわかりますよ!

新しいコレクションでは過去のブロッサムズの香りもいくつか取り上げています。どのように選んだのですか?

セリーヌ: ブロッサムズの香りはいつもとても人気があって、復活させてほしいとのお声をたくさんいただくのです。そこで毎年違う香りを選んで、再登場させています。今回は過去のブロッサムズからだけではなく、レギュラー ラインアップの中からも1つ取り上げたいと思いました。そうして選んだのがシルク ブロッサム、スター マグノリア、オレンジ ブロッサムです。これらはブロッサム ファミリーとしてとても相性よくまとまっています。

ヘア ミストについてもう少し詳しく教えてください。

セリーヌ: ヘア ミストは2017年にスター マグノリアを発表した時に特別に発表した初めてのフォーミュラです。このミストはとても髪のことを考えた製品です。髪をしなやかにするエモリエント成分が入っていながらとても軽いつけ心地で、髪に艶が出て繊細に香ります。オレンジ ブロッサムとスター マグノリアはとてもキラキラしていて明るい香りなので、ヘア ミストとしてもぴったりだと思いました。ヘア ミストは単独でまとってもいいですし、他のブロッサムズのコロンと組み合わせてもいいでしょう。ご自身のシグニチャーである香りと合わせても。どんな香りにも合わせていただけます。

一部のブロッサムズの香りをキャンドルやディフューザーとして復活させることにしたのはなぜですか?

セリーヌ: ライフスタイル ブランドとして、コロンだけでなく、ブロッサムズの香りをご自宅に取り入れたり、日々のお手入れに取り入れることも提案したかったのです。シルク ブロッサムのキャンドルとオレンジ ブロッサムのディフューザーは、フレッシュなフローラルの香りで空間を満たします。いち早く春を連れてきてくれるお花の香りは、ホーム コレクションに理想的だと考えました。

コレクションを見る